MBL 婦人科・細胞診領域
  • お問い合わせ
  • MBL医学生物学研究所
このサイトは、医療従事者の方を対象に情報を提供しています。
TACAS 液状化検体細胞診

HPV (Human papillomavirus) とは?

ヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus : HPV)は遺伝子タイプが100種類以上報告されており、この感染が以下疾患に関与していると報告されております。

子宮頸がん、食道がん、肛門がん、直腸がん、口腔がん、咽頭がん、舌がん、コンジローマ、皮膚乳頭腫 など

HPVに感染しても自然消失する場合がほとんどですが、high riskタイプHPVに感染した細胞の一部はがんに進行します。

HPV感染と子宮頸癌への進行図

HPV検査をすることで、将来のがんの危険性を調べることができます。
液状化検体細胞診「TACAS™」で採取された細胞は、HPV検査等にも利用できますので、HPV検査のために再受診する必要はありません。