MBL 婦人科・細胞診領域
  • お問い合わせ
  • MBL医学生物学研究所
このサイトは、医療従事者の方を対象に情報を提供しています。

TACAS™ メールマガジン

2016年11月2日 TACAS 情報配信サービス No.42

━━━━━━━━━━━━TACAS 情報配信サービス━━━━━━━━━━━━━

                                 No.42
                             2016年11月2日
                     発信元 株式会社医学生物学研究所
                        診断薬学術推進グループ
                         http://www.mbl.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

紅葉の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
朝夕冷え込みだしましたが、お元気にお過ごしでしょうか。

街中はハロウィンパレードで盛り上がっておりましたが、
これからは紅葉の美しさに魅了される方々が多いかもしれません。

それでは、メールマガジンのはじまりです。

★☆・‥…―━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━―…‥・ ☆★
  :                                :
その1 TACAS News発刊のご案内
その2 第55回日本臨床細胞学会秋期大会 TACAS関連演題のご紹介
その3 TACAS標本作製サービス受託開始のご紹介(NHSL)
その4 病理染色関連ツール Webサイトリニューアルのご案内
その5 「第5回びわ湖細胞病理チュートリアル」TACAS講演のご報告
その6 TACASに関するお問い合わせ・ご要望
  :                                 :   
 ★☆・‥…―━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━―…‥・ ☆★

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ その1 TACAS News発刊のご案内
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TACAS News 応用例No.6「TACASの免疫細胞化学染色への活用」
を発刊しました。

TACAS固定検体における染色至適条件と保存検体染色性について、
多種の一次抗体および検出試薬を用いて検討した内容となります。

是非お手に取って、免疫染色検討時のご参考にしていただければと思います。

TACAS Newsをご要望の際は、
弊社営業担当者もしくはお問い合わせ専用フォームよりお問い合わせ下さい。
https://www.mbl.co.jp/contact/cy.html

          ◆TACAS Newsバックナンバー◆
     http://cytology.mbl.co.jp/support/tacas_news.html
  TACAS Newsバックナンバーの一部が公開されました!

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ その2 第55回日本臨床細胞学会秋期大会 TACAS関連演題のご紹介
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「臨床細胞学の今を考える~臨床細胞診断学の未来へのステップのために〜」
とのテーマで、細胞学会秋期大会が開催されます。

●第55回日本臨床細胞学会秋期大会
 2016年11月18日(金)~19日(土)
 別府国際コンベンションセンター
 http://www.c-linkage.co.jp/jscc55atm/index.html

将来の細胞診断学へのステップへ繋がるよう期待が込められており、
興味深い演題が豊富です。

九州LBC研究会によるLBCプログラムもございますので、
ご興味ある方は是非ご参加ください。

◆第55回日本臨床細胞学会秋期大会 TACAS関連演題一覧◆

教育講演7
口腔細胞診に関する技術報告~採取器具別およびLBC法と従来法の差異の検討~
日本大学松戸歯学部口腔病理学講座

SYS-4
LBC 法における免疫染色―注意点やpitfallについて―
筑波大学附属病院病理部

P-1-001
TACAS法における子宮内膜細胞診の集細胞と細胞形態保持の向上
JA北海道厚生連帯広厚生病院臨床検査技術科

P-1-186
溶血作用のあるLBC保存液が細胞像,免疫組織化学染色に与える影響についての検討
独立行政法人地域医療機能推進機構埼玉メディカルセンター病理診断科

P-1-189
口腔細胞診領域におけるOrcellex-ブラシおよびTACASTM法の臨床的有用性評価検討
株式会社医学生物学研究所、沼津市立病院臨床検査科、
庵原町中歯科医院、東京医科大学市川総合病院臨床検査科

P-2-132
免疫細胞化学染色のコントロール作製法―細胞浮遊液を用いた検討―
東邦大学医療センター佐倉病院病院病理部

九州LBC研究会
一般演題 子宮頸部領域における各種LBCのHCCG
国立病院機構熊本医療センター

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ その3 TACAS標本作製サービス受託開始のご紹介(NHSL)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社関連グループ会社に組織標本作製や病理診断の受託を行う
株式会社新組織科学研究所(NHSL)がございます。

TACASなどLBC試薬を用いた研究目的での標本作製サービスの受託が開始されました。
材料は、培養細胞、実験動物の穿刺吸引材料となります。

詳細はNHSLホームページをご覧ください。
http://www.hslabo.co.jp/lbc-tacas/index.html#t1

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ その4 病理染色関連ツール Webサイトリニューアルのご案内
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社ホームページの病理サイトをリニューアルしました。

◆病理染色関連ツール Webサイト◆
http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/pathology/index.html

●病理関連製品の情報がより見やすくなりました!
染色像や試薬の詳細説明を追加しています。

●BioGenex社製試薬を含めた500種類以上もの製品検索がスムーズになりました!
IHC一次抗体についてアルファベット順又はカテゴリー別に検索ができます。
サンプルのご提供が可能な抗体も多数あります。

●BioGenex社商品 In Situ Hybridization試薬も紹介しています!
microRNAおよびDNA/RNAISHプローブや専用検出試薬を用いてFFPE組織中の核酸を
簡便かつ高感度に検出可能です。

今後もさらに情報を更新していきますので、是非ご覧ください。

取扱い試薬に関する詳細情報は、
弊社営業担当またはホームページよりお問い合わせ下さい。
https://ruo.mbl.co.jp/bio/inq/

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ その5 「第5回びわ湖細胞病理チュートリアル」TACAS講演のご報告
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●第5回びわ湖細胞病理チュートリアル
 2016年10月15日(土)
 滋賀県立成人病センター研究所
http://www.shigamed.jp/seminar/index.html

尿細胞診検体処理の標準化:液状化検体細胞診断(LBC)の有用性
とのテーマで、TACAS製品に関する概要についてご紹介させて頂きました。

貴重なお時間をいただきまして、心より感謝申し上げます。

TACASに関連する講演会等も随時依頼をお受けしております。
ご依頼の際は弊社営業担当またはホームページよりお問い合わせ下さい。
https://www.mbl.co.jp/contact/cy.html

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ その6 TACASに関するお問い合わせ・ご要望
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社では、TACASではどのような標本作製工程を経るのか、標本鏡検をしたい、
機器の動きが見たい、デモンストレーションの実施等、皆様のご要望に合った形で
ご提案させていただきます。
TACASに関連する講演会等も随時依頼をお受けしております。
ご依頼の際は弊社営業担当またはホームページよりお問い合わせ下さい。

また、皆様からの各種お問い合わせを確実にするために、弊社HPに専用窓口を開設
しております。分野、製品名等で簡単にお問い合わせいただけます。
お気軽にご利用いただければ幸いです。
https://www.mbl.co.jp/contact/index.html
https://www.mbl.co.jp/contact/cy.html



本メール内容でのご質問等ございましたら弊社営業所へお電話、問い合わせWeb.に
てお問い合わせ下さい。

問い合わせWeb.:https://www.mbl.co.jp/contact/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールに掲載された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。

バックナンバー