MBL 婦人科・細胞診領域
  • お問い合わせ
  • MBL医学生物学研究所
このサイトは、医療従事者の方を対象に情報を提供しています。

MBL 病理ニュース

2017年9月28日 MBL 病理ニュース No.3

★☆・‥…―━━━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━━━―…‥・ ☆★

       MBL 病理ニュースNo.3 (20179)

 
★☆・‥…―━━━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━━━―…‥・ ☆★

1. 適切な子宮内膜TACAS標本を得るために ~新刊行物のご案内~
2. おすすめ免疫染色一次抗体 ★ ムチン関連 ・ p53 関連抗体 ★
3. 最近よく聞く「ミスマッチ修復タンパク」とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□
1. 適切な子宮内膜TACAS標本を得るために ~新刊行物のご案内~
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

液状化検体細胞診(LBC)による子宮内膜細胞診は、細胞量の確保と細胞集塊の
構築保持が求められています。

LBCでも適切な子宮内膜標本が出来ればなあ~とお考えの方、
TACASで作製してみませんか?













採取現場から検査現場に至る標本作製のポイントをご紹介する刊行物が出来ました。
ご要望の際は、 弊社営業担当もしくは下記へお問い合わせ下さい。
form



◆ TACAS婦人科子宮内膜細胞診アトラスVol.1 ◆
子宮内膜検体におけるTACAS標本作製のポイントや
TACAS細胞像が掲載された電子版限定配信のアトラスです。













※本メルマガへご登録いただいた方のみ公開しています

◆ TACAS Newsバックナンバー ◆
TACASに関する基本性能~応用編までご紹介している刊行物です。
バックナンバーの一部をWeb上でご覧いただけます!
▽▼▽ Click ! ▼▽▼












━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□
2. おすすめ免疫染色一次抗体 ★ ムチン関連 ・ p53 関連抗体 ★
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ムチン関連抗体、p53関連抗体のサンプルご要望が増えています!



ムチン関連抗体
 ムチンは消化管や気道などの上皮細胞が産生・分泌する粘膜の主成分で、コアタンパク質に
 糖鎖が結合しています。
 20種類以上同定されており、分泌型と膜結合型の分類があります。
 それぞれ細胞特異的に発現が見られ、多様な用途で使用されるおすすめ抗体です♪

 例えば、MUC5ACは正常な胃腺窩上皮細胞などに認められる分泌型ムチンで、
 腺系腫瘍における粘膜形質の検討などを目的にIHCが実施されます。







Gastro-intestinal tissue stained with
Anti-MUC5AC mAb (clone: 45M1) using DAB chromogen


◆p53関連抗体
 多くのがんで高頻度に変異が認められる変異型p53タンパク質は、細胞のがん化に
 大きく関係していることが明らかになっています。
 大腸や種々の組織に対する良悪性の判断補助などを目的にIHCによる検出が行われます。






Breast carcinoma stained with
Anti-p53 mAb (clone: 1801) using DAB chromogen


ムチン関連・p53関連抗体の各種クローン、その他病理染色抗体を取り揃えています。

☆サンプル是非お試しください☆
form2


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□
3. 最近よく聞く 「ミスマッチ修復タンパク」 とは?
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 リンチ症候群が疑われる患者に対するスクリーニング検査として
 ・ミスマッチ修復(MMR)タンパク質免疫染色
 ・マイクロサテライト不安定性(MSI)検査
 を実施する旨が各種ガイドライン・ガイダンス(※)に掲載されています。
 学会等での報告例や日常業務においても耳にする機会が増えているかもしれません。
 「ミスマッチ修復関連抗体」について特集したWebページがございますので、
 是非ご参考ください♪
★ ミスマッチ修復関連抗体 ★

MBLでは、研究用試薬としてMMRタンパク質関連抗体を取り扱っています。
サンプル包装のご要望は、弊社営業担当者もしくは専用フォームへお問い合わせ下さい。
☆サンプル是非お試しください☆
form


(※参考文献)
・ 『遺伝性大腸癌診療ガイドライン 2016年版』(2016年11月)
・ 『大腸がん診療における遺伝子関連検査のガイダンス 第3版』(2016年11月)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□
  編集後記
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 最後までお読みくださりありがとうございます。

 大型の台風が9月も目立ちました。皆様の地域のご無事をお祈りするとともに、
 被害に遭われた方へは心よりお見舞い申し上げます。

 ますます地球温暖化が進んでいる近年、
 温暖化により台風の発生数は減る代わりに強い台風の割合は増えるそうです。
 中心気圧が同じ台風でも外側の風速はなかなか弱まらず、将来的には中心から
 遠いところまで強風の被害が拡大する可能性があるのだとか。

 その他にも対策が必要な問題が山積みで気が抜けないこのごろではありますが、
 秋の行楽シーズンの予定に夢を膨らませ、楽しい時間をお過ごしください♪

●TACAS標本の鏡検をしたい、TACAS機器の動きが見たい、
 デモンストレーションの実施等、
 皆様のご要望に合った形でご提案させていただきます。
 ▽婦人科・細胞診領域 ページ
http://cytology.mbl.co.jp/index.html

○ 免疫組織化学やIn situ ハイブリダイゼーションに関連する製品等
 幅広いラインアップを取り揃えております。
 ▼病理染色関連ツール ページ
http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/pathology/index.html

● MBL病理ニュースは、病理・細胞診の幅広い内容をメールマガジンにてお届けします。
 バックナンバーはこちらからご覧ください。
 ▽MBL病理ニュース ページ
http://cytology.mbl.co.jp/mailmag/index.html

                                          2017年9月
                           発信元 株式会社医学生物学研究所
                                   学術部 診断薬グループ
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールに掲載された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。


バックナンバー