MBL 婦人科・細胞診領域
  • お問い合わせ
  • MBL医学生物学研究所
このサイトは、医療従事者の方を対象に情報を提供しています。

MBL 病理ニュース

2018年8月8日 MBL 病理ニュース No.8

★☆・‥…―━━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━━―…‥・ ☆★

          MBL 病理ニュースNo.8 (2018年8月)

★☆・‥…―━━━━━━━━―…‥・・‥…―━━━━━━━━―…‥・ ☆★

大阪府北部地震、西日本豪雨で被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。
被災地におかれましては、一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

1. 【Web更新】TACAS™News 一部web公開追加!
2. 自動細胞洗浄遠心機(himac MC480LBC)のご紹介
3. RNAscope®/BaseScope™ ~超高感度in situ ハイブリダイゼーションシステム~
4. ★IHC用一次抗体新発売★ アクネ菌、結核菌を検出

                         

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□
1. 【Web更新】TACAS™News 一部web公開追加!
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

TACAS™に関する様々な情報をお届けしている刊行物TACAS™Newsを、順次webでも公開いたします!

<<TACAS™News 学会発表No.3>>
子宮内膜悪性病変摘出材料を用いたLBC(TACAS)法による子宮内膜細胞像の検討(PDF版:2.3MB)
http://cytology.mbl.co.jp/support/images/tacas_news_gakkai03.pdf

子宮内膜細胞診の直接塗抹法(従来法)と LBC法(TACAS法)を比較し、
内膜細胞像の特徴を5つの観点から評価しています。
 
<<TACAS™News 応用例No.4>> !!HOT TOPIC!!
TACAS™保存検体を用いたセルブロック標本への活用(PDF版:1.6MB)
http://cytology.mbl.co.jp/support/images/tacas_news_ouyou04.pdf

 
診療報酬改定でも話題に挙がっているセルブロック法に関する情報です。
TACAS™固定後保存検体を用いたセルブロック標本の基礎検討評価をご紹介します。

皆さまのご参考になれば幸いです。

一部を除き、過去のNewsも掲載しておりますので、是非、ご覧ください。 http://cytology.mbl.co.jp/support/tacas_news.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□
2. 自動細胞洗浄遠心機(himac MC480LBC)のご紹介
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

TACAS™の導入をご検討されている、用手法にてTACAS™を導入されている皆さまに
朗報です!!
より手軽にLBC標本を作製するために、前処理の工程を自動化した遠心機が
ゼク・テック株式会社様より新たに販売されました。
検体分注、塗抹以外の工程は遠心機内で自動で処理されます。

開発元 : 工機ホールディングス株式会社
販売元 : ゼク・テック株式会社
より詳細な情報は以下のURLよりご覧いただけます。

http://www.hitachi-koki.co.jp/himac/centrifuges/small/mc480lbc/mc480lbc.html

ご興味のある方は、お問い合わせ先が上記URL内に掲載されておりますので、是非ご相談ください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□
3. RNAscope®/BaseScope™ ~超高感度in situ ハイブリダイゼーションシステム~
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

In situ ハイブリダイゼーション(ISH)は、組織中における特定の核酸分布を調べる手法です。

弊社では様々なISH 関連試薬をご紹介していますが、その中でも超高感度の
RNAscope®/BaseScope™ はわずか1分子のRNAを検出できる、新しいテクノロジーです!

【特徴】
*ZZ-paired probe を用いる独自の増感ステップで、超高感度化を実現
*ドット状の染色像で、定量可能
*FFPE(ホルマリン固定パラフィン包埋)組織、FF (新鮮凍結)組織に対応
*前処理から封入まで、最短 8 時間でアッセイ可能


 

「ISHは手技が煩雑だから難しそう…」「アッセイ時間が長くて大変…」
「RNaseのコンタミが心配だなぁ…」「必要な試薬やプローブは?」

難しい印象を持たれがちな ISH ですが、
本システムであればRNase-freeの環境を用意する必要もありません。
IHCを行う感覚でISHを実施できます!
さらに、設計済のプローブと専用のキット、最適化されたプロトコールで手間いらず!
初めての方でも安心して始めることができます♪

IHC と ISH の共染色も可能です。詳しくはお問い合わせください。
↓ OLFM4 (mRNA:茶色) と Lysozyme (タンパク質:ピンク色)の共染色像

◇◆ mRNA , lncRNA など長鎖 RNA には ⇒ RNAscope® ◇◆
http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/epigenetics/pickup/rnascope.html

◇◆スプライスバリアント、TCRのCDR配列検出には ⇒ BaseScope™ ◇◆
http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/epigenetics/pickup/basescope.html

RNAscope® および BaseScope™ に関する詳細は下記よりお問い合わせください。
https://ruo.mbl.co.jp/bio/inq/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□
4. ★IHC用一次抗体新発売★ アクネ菌、結核菌を検出
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MBLから新たに2種類の免疫組織化学染色(IHC)用抗体が発売されました!

★ D371-3 Anti-P. acnes Monoclonal Antibody(PAB抗体) ★

サルコイドーシスの原因菌候補のひとつに、アクネ菌が挙げられます。
本製品は、サルコイドーシス肉芽腫内でアクネ菌を検出できるIHC用一次抗体です。

サルコイドーシスと同様の組織学的所見を有するサルコイド反応と鑑別する場合に、
PAB抗体のIHCが有用です!

 

★ D372-3 Anti-Mycobacteria Monoclonal Antibody(LAM抗体) ★

結核菌のリポアラビノマンナン(LAM)に対する免疫染色用のモノクローナル抗体です。

石灰化した古い結核巣中の結核菌を検出できます。
また、BCGポリクローナル抗体と比べて感度が高く、サルコイドーシスに反応せず
肉芽腫性疾患を検出する際に有効です!

ご興味のある方は是非お問い合わせください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□□
   編集後記
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みくださりありがとうございます。

気が付くと、夏真っ盛りですね。
6月下旬に幻の日本酒を求めて山形に行ってきました。
ちょうどさくらんぼの季節だったので、さくらんぼ狩りもしましたが、
地元の方は、さくらんぼを肴に日本酒を飲むそうです。
家に帰ってから早速試してみましたが、冷酒+冷えたさくらんぼ、合う~!
さくらんぼは高級品ですが来年もお酒のあてにもいただきたいと思います。
まだまだ暑い日が続きますが、体調を崩されませんようにご自愛ください。

TACAS標本の鏡検をしたい、TACAS機器の動きが見たい、
 デモンストレーションをしてほしい等、
 皆様のご要望に合わせた形でご提案させていただいております。
 
 ▼婦人科・細胞診領域 ページ
   http://cytology.mbl.co.jp/index.html


免疫組織化学やIn situ ハイブリダイゼーションに関連する製品等
 幅広いラインアップを取り揃えております。
 
 ▽病理染色関連ツール ページ
   http://ruo.mbl.co.jp/bio/product/pathology/index.html


MBL病理ニュースは、病理・細胞診の幅広い内容をメールマガジンにてお届けします。
 バックナンバーはこちらからご覧ください。
 
 ▼MBL病理ニュース ページ
   http://cytology.mbl.co.jp/mailmag/index.html


 
2018年8月            
発信元;株式会社医学生物学研究所 IVD事業部 学術部
━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
本メールに掲載された記事を許可なく複製、転載する事を禁じます。


バックナンバー